住宅ローンの頭金

住宅ローンを借りるには、頭金が必要です。
住宅やマンションの分譲広告などで
「頭金不要」って書かれてあるものもありますが
基本的に頭金を用意すせずに住宅を取得するという考えや
住宅ローンを組むということは
少し無謀な気がします。


頭金は最低2割が必要と言われますが、
これは金融機関の多くが
物件価格の8割を融資金額の上限としているためです。

また、物件価格以外に、
ローン手続き、登記など諸費用がかかり、
この諸費用は自己資金として貯めたものから
出すことになります。


例えば5,000万円の中古マンションを購入する場合に、
諸費用が200万円、頭金を2割用意しようという場合には、
1,200万円の自己資金が必要になるというわけです。

 
また、住宅を購入後に
貯蓄が全くない状況になってしまうのも危険です。

緊急予備資金として、
生活費の3〜6ヶ月分は手元に残しておきましょう。

1ヶ月の生活費が20万円で3ヶ月分を見ておくとすると、
上記の例では住宅購入までに
1,260万円の準備が必要ということになります。

 
また、頭金をどのくらい出せるのかで、
融資を受ける金額も変わってくるため、
その後の家計に占める返済額の割合にも
頭金は大きな影響を与えます。


頭金が多く借入金が少ないほど、
将来のリスクを抑えることがでるので、
少しでも多く頭金を準備するよう心がけましょう。


スポンサード リンク

住宅ローンの基本
住宅ローンの種類
住宅ローンの頭金
住宅ローンの費用
住宅ローンの諸費用
借入時の必要経費
住宅ローン金利と返済
住宅ローンの金利
住宅ローンの返済方法
住宅購入
マンションを買う

スポンサード リンク