住宅ローンの金利

住宅ローンは長期の返済となりますので
金利の選択が重要になってきます。

金利の中でも固定金利と変動金利がありますので
解説したいと思います。



固定型金利

住宅ローンを組む際の
最初に決められた金利が最後まで続きます。

全期間金利が変わらない全期間固定型(長期固定型)と、
11年目に金利がアップする段階金利型があります。

※11年目以降の金利もあらかじめ決められていることが多いです。

金利が固定であるため、
低金利時に住宅ローンを組むと将
来金利上昇時のリスクを減らすことができます。

また、返済金額が変動しないため
返済計画が立てやすい面もあります。

 
反面、金利が下降した場合
結果的に金利負担が大きくなることになるので、
金利の差が大きくなる場合は
住宅ローンの借り換えを検討しましょう。



変動型金利

市場の金利に連動して金利が変動します。

通常は、年2回の金利見直しがされることが多いです。
返済額の変更は5年に1度行われます。
返済額の上昇幅は最大25%までなどの、
金利上昇に対する返済金額負担を減らす措置もあります。

この他、上限金利を設定した
上限金利特約(キャップ)付変動型金利というものも存在します。

 
金利が半年に1回見直されるため
低金利時期や金利が下がっている時には
金利が抑えられるためメリットを受けることができます。

ただし、金利が急激に上昇した場合でも
返済金額は5年間見直されないため
上昇した金利により増えた利息が元金に組み込まれ、
返済期間や月あたりの返済金額に
影響を及ぼす可能性もありますので
注意が必要です。

 
上限金利特約付の場合は、
その名の通り上限金利が決まっているため
市場の金利が上昇したとしても
影響を受けないというメリットがあります。


又、最近では見直し期間が年に1回のモノや
変動の基準が違う商品も販売されていますので
各金融機関に問い合わせするといいでしょう。



固定期間選択型

住宅金融公庫と民間金融機関が提携した住宅ローン。

15年以上35年以下の
長期固定金利型住宅ローンで
金利は民間金融機関が決定する。

それぞれ取り扱う民間金融機関によって
金利や融資額が変わります。

 
固定期間終了後に
固定金利か変動金利か選べるため、
金利の状況に応じてメリットがある選択が可能です。

当然、固定期間の間に金利が上昇する予測ができる場合は
固定金利で最初から借入をした方がメリットを享受できますし、
金利が下降する予測ができる場合は
最初から変動金利にしておいた方がメリットを享受できるでしょう。


スポンサード リンク

住宅ローンの基本
住宅ローンの種類
住宅ローンの頭金
住宅ローンの費用
住宅ローンの諸費用
借入時の必要経費
住宅ローン金利と返済
住宅ローンの金利
住宅ローンの返済方法
住宅購入
マンションを買う

スポンサード リンク